痩せたいのに痩せないダイエットの停滞期と乗り越え方

ダイエットを始めて1〜2か月ほどで停滞期が訪れます。この停滞期に今までのダイエット生活をガマンして続ける事ができない場合、リバウンドをしてしまう可能性が高くなります。痩せたいと思い、ダイエットを始めて、ちょうど痩せてきて効果が出てきたかな?という時期に停滞期がきてしまう。コレは心のプレッシャーやガッカリ感が大きくなりますね。実は停滞期は体重減少による体の生命維持の作用によっておきているので、体重が減った証拠であり、その減った体重を維持して体が通常の体重と認識すれば、また痩せていきます。このサイトでは、こういった体の仕組みを中心にうまくダイエットができる方法を紹介していきます。

 

痩せたいのに痩せないダイエットの停滞期と乗り越え方

 

痩せたいのに痩せない、あるいは、痩せてきたのになぜか減量が止まってしまっているという経験をした事がある、まさに今その状態だという人もいると思います。
そういった状態をダイエットの停滞期と言います。
この停滞期は、カラダの生命維持装置であるホメオスタシスの機能が働いているため、誰でも起こりうる状態でもあります。
停滞期の事を知らない人は、この時に痩せないプレッシャーやストレスから、もともと食事制限をしていたのに、更に食事量やカロリーを落としてみたり、トレーニング量を増やしてしまい、体調不良やケガなどをを招いてしまって、せっかく頑張ってきたダイエットを中止せざるを得なくなってしまったなど、色々な失敗の元となってしまいます。
更に、ダイエット経験者でも多いのが、この停滞期に直面したがために、ダイエットを止めてしまって、リバウドをしてしまったなどの最悪のケースもあります。

 

では、ダイエットをしていると必ずやってくる停滞期、痩せたいのに痩せない状態をどうやって抜け出すのか?を説明していきます。
まずは、停滞期に入るタイミングのお話しからですが、ダイエットを始めると役2ヶ月間は順調に体重が減っていき、3ヶ月経つ頃に停滞期に入る事が多くあります。この、3ヶ月目にホメオスタシスの機能が働いて停滞期となるのですが、前置きとしてダイエットはどうやってやるのか?と考えたときに、食事内容の見直しや生活習慣の見直しが必ずと言っていいほど入ります。
食事内容の見直しは、簡単に説明すると、栄養過多の状態を、適度かつ痩せやすい状態に持っていくため、カロリーや糖質を抑えた食事内容にするなど、献立から、食事量や食事回数まで考えて改善させていきます。
また、生活習慣においては、食事をする時間帯や、ダイエットのためにトレーニングを取り入れてその内容を考えたり、必要であれば睡眠時間などを含めた1日のスケジューリングなど、様々な視点からダイエットを始めて行きます。

 

こういった事から始めは摂取カロリーが以前よりも減ったり、トレーニングによって消費カロリーが増えたりして、一ヶ月目は順調に痩せていくケースがほとんどです。
2ヶ月目に入ると、改善し始めた食事内容やトレーニング内容にも慣れてきて、体重も思う様に落ちてきているので、安定して続けていけます。
3ヶ月目が問題ですが、ここで停滞期へと入っていきます。

 

停滞期に入る理由としては、ホメオスタシスの機能による効果が影響しています。
このホメオスタシスの機能とは、簡単に説明をすると、体の生命時装置の機能と言えます。
この機能がどの様に働いていくのかというと、まずダイエットを初める事によって、食生活の改善がされていきますが、この時に今まで摂っていた食事量や栄養の量よりも少なっていく事がつきものです。この時に体の中で起こっていることとといえば、単純に今までの食事量よりも摂取量が減ってきている為、脂肪に蓄える余分なエネルギーが無くなっている状態になります。
例えば、ダイエット前の食事の状態を言うと、気が済むまで食事をした場合は、体で使っているエネルギーについてはそのまま使われていき、余った分については脂肪にして予備電池として残していってましたが、ダイエットを初めて食事制限などをする事により、予備電池にまで回すエネルギーがない為、単純に脂肪がつかなくなるので、痩せていくという状態に変わらます。
更にそこへ、トレーニングなどを入れていくと、食事で摂取したエネルギーを使いきって次に予備電池として溜めていた脂肪を使い始めてて更に痩せていくとういう単純な法則に沿っていきます。しかし、その法則でいくといずれは体の中に残るエネルギーが無くなってしまうので、ある程度のところで節約するように生命維持装置が働き始めるのです。
それが、ホメオスタシスの機能であり、3ヶ月目頃にやってくる停滞期の正体です。
この機能の内容としては、摂取エネルギーの量が今までよりも減ってしまっていて一向に摂取エネルギーの量が増えない為機能が働き初めて、消費エネルギーを節約し始めるのです。
そうする事で、摂取エネルギーが少ない状態で消費エネルギーも少なくなり停滞期となってダイエットが思う様に進まなくなるのです。
しかし、この状態を約1ヶ月ほど続けていくと、ホメオスタシスの機能が摂取エネルギーの減った量の状態が正常の量であると認識し始めるので、そうする事によって再度体重がへり始めるということになります。
この停滞期に痩せたいのに痩せないと焦ってダイエットを中止してしまうと、リバウンドを起こしてしまう原因になります。
この様にならないためにも、停滞期に入った場合は、食事量を安定させて気をつけて行きましょう。
特に消化に気をつけて代謝をなるべく安定させるためにも酵素などを意識して健康的な状態を続けて停滞期を超えていきましょう。
短期間で痩せるダイエット酵素についてはこちらのサイトがおすすめです。

 

こういったホメオスタシスの機能を乗り越えていく為にも、まずは食生活とトレーニングの安定的な継続が必要となっていきます。
注意しなければいけに点が一点あります。
それは、ホメオスタシスの機能は体重が急激に5%以上減ってしまった場合にも働くという点です。
これは約1ヶ月間の間に5%以上減った場合という内容なので急激なダイエットには気をつけておきましょう。

 

更に、満腹感とレプチンの関係にも注意が必要です。
このレプチンは、食事をすると分泌されて満腹感を得る事ができるのですが、脂肪の多い人ほどレプチンによる満腹感の感じ方が鈍くなってしまって、なかなか満足できなくなってしまいます。
この時に、ダイエットを中止してしまっていると、体重が減るどころか、リバウンドをしてしまうので気をつけましょう。

 

痩せたいのにやせないときは、生活習慣にも注意が必要

痩せたいのに痩せない場合は、生活習慣や食生活にも注意が必要である場合が多くの場面で考えられます。
まず、食事についての考え方ですが、ダイエット中の食事量は、腹六分目がベストでしょう。
一般的には腹八分目がベストとされていますが、それはダイエットをしない状態のときを言います。
そもそも、お腹いっぱいではなく、腹八分目という考え方は、消化に良い量として考えられています。
食べ過ぎや飲み過ぎは体に悪く、翌日に胃もたれなど、内臓疲れによって体調不良となってしまいます。
そのため、健康的な量は腹八分目とされています。
更にダイエット中は、低カロリー高タンパク質などの食生活や、食事制限なお献立を考えるのも一苦労です。
その為、献立をたてるのが対円である事から、最低限守っておきたいのが腹六分目であるという事を覚えておいてください。

 

夕食の食事は遅くても20:00までに摂る様にしましょう。
これは、体の消化できる最適な時間帯が12:00〜20:00までが良いとされているためです。
この時間帯以降は吸収や代謝の時間帯とされており、夜中の食事などはこれらを邪魔して体調不良を招きやすいためです。
どうしても仕事の関係などで夜遅くに幼児をしなければいけない場合などは、野菜を多めに摂ったり、汁物にするなど消化しやすいものや、夕食を二回に分けて18:00頃に簡単なおにぎり1個などを摂り、帰宅してから少量の夕食を摂るなどの方法も良いでしょう。

 

タンパク質は適量摂取する。
タンパク質はダイエットをしていくのに必要な栄養素です。
特に、痩せたいのに痩せない状態であったりする場合は基礎代謝量が高いかどうかの必要性もあり、基礎代謝が高いほうが自然とダイエットをしていくうえで痩せやすくなっていきます。
この時に必要な基礎代謝ですが、これは、筋肉量によって左右されていきます。
つまり、筋肉量が多いと基礎代謝量が高く、痩せやすい状態になりますし、筋肉量が低いと基礎代謝量も低く痩せにく体となってしまいます。
その為、痩せたいのにやせない状態におちいりにくい様に、筋肉量を上げておくため、筋肉の素であるタンパク質をできるだけ摂取いておくようにしましょう。

 

ダイエット中は油を適量摂っていきましょう。
これは、体内で生成でいない必須脂肪酸を補給するためにもなります。
必須脂肪酸は体に必要なエネルギーとなり、特に女性に必要な月経などの生理現象を促す働きがあるので、ダイエット中でも摂取しておうように注意しましょう。

 

疲れた時は野菜を摂りましょう。
これは、疲れている時お肉を食べてスタミナをつけようとしてしまいますが、疲れている時こそ、消化に負担をかけないように野菜中心の商事にして体力の回復を促していきましょう。
翌日の疲れの残り方がだいぶ変わってきます。
また、ハムやソーセージなどの加工食品は消化に負担がかかるので控えておきましょう。

 

食べ過ぎてしまった場合などは、大根やりんごなどのすりおろしを摂る事で消化を助けてくれます。
食べ過ぎの場合はすりおろしを摂る様にしましょう。

 

激しいトレーニングには気をつけましょう。
これは、激しい運動は酵素を消費しすぎてしまい体力を使い過ぎて、負担が大きく消化する力が低下してしまう関係にあります。
その為、あまり激しいトレーニングをダイエット目的で日課にするのは注意が必要です。

 

痩せたいのに痩せない場合の酵素の必要性

皆さんも聞いた事があると思いますが、体内に酵素という成分がぞんざいしており、この酵素は大きくわけると、消化と代謝を助ける役目を負っています。
体内にある酵素の絶対量は一定とされており、酵素の使われえる順番は消化⇒代謝の順番に使われていきます。
その為、消化で使われて余った分の酵素が代謝に使われていくわけですが、この時に消化に酵素を使い過ぎてしますと、代謝に使う分の酵素が無くなってしまい、結果的に痩せにくくなってしまうという事になります。
その為、消化酵素をいかに節約していくかがポイントになっていくのですが、まずは消化を助けるポイントとして食事内容から改善していく必要があります。
食事内容は酵素が多く含まれている食品を摂取していくことが望ましく、野菜を中心に摂取していくと酵素が多く含まれていて酵素の節約に適しています。
食事は野菜から食べる様にして、消化を助けて、代謝で酵素を使う事により、エネルギーの消費を促しして痩せやすい体を作っていくのです、
この時に代謝しやすくなった体でトレーニングをする事で、通常よりも痩せやすく、ダイエットに最適の上体であると言えます。
ダイエットにおいて、痩せたいのに痩せない状態になって停滞期を迎えている中で、食事生活など焦って変えてししまったり、なかなか痩せなくなってしまった為に、トレーニングを激しくしてしまったりする場合もあるでしょうが、一旦おちついてまずは、酵素を摂って.痩せやすい体を維持する事から始めて行きましょう。

 

停滞期に入っている場合は、この維持がとても大切な部分になります。
乱れてしまうと、停滞期を抜ける事が出来てもダイエットの継続が難しい状態になっている場合も考えられるので、停滞期を抜けても継続できるようにコツコツと続けて行きましょう。

 

また、停滞期で代謝が低下しないようにタンパク質も摂っておく必要があります。
前にもふれましたが、代謝の基本となる筋肉はタンパク質からできています。
その為、タンパク質の摂取を怠ってしまうと、筋肉が増えない事と、筋肉の回復も遅れてしまうので、疲れを残してしまう結果にもなります。
その為、タンパク質も摂取して停滞期を乗り越えていきましょう。