痩せ たい 食事 メニュー

痩せたい人の食事メニュー

痩せたい人が食事メニューを考える場合、優先度が高いのは糖質制限です。
糖質は、体のエネルギーになると共に、脂肪にも変わってしまう可能性があるので、できるだけ制限をしていくことが必要になります。

 

次の優先度の高さは、食事をする時間帯です。
これは、深夜に食事をしてしまうとエネルギー消費が低下することから、太りやすくなってしまいますし、消化にも悪いため避けたい時間帯です。

 

このように、痩せたい人のメニューは、制限したい栄養と摂取したい栄養、また、食事をしない方が良い時間帯と、食事をしておきたい時間帯など、様々な要素から考えていきます。

 

環境的に生活習慣が乱れてしまう場合、健康維持が難しい?

家庭環境や仕事の環境によっては、健康的な生活習慣を送ることが難しい場合があります。
生活習慣を乱すしかない状況で、何の対策もせずにそのままにしておくと、痩せづらい状態が続いてしまうのはあたりまえです。

 

そのため、乱れてしまう生活習慣でも、なるべく健康的な環境に近づける食事メニューを考えていくことが解決への道となります。

 

食事方法や時間帯を工夫することで健康に近づける

例えば、帰宅が深夜になってしまって夕食が億なってしまう場合、あるいは、仕事の休憩時間が遅いため、どうしても夕方まで昼食を摂ることができない場合など、食事をする時間帯が難しいため痩せづらいことがあります。

 

これは、深夜に食事をして消化に悪く、エネルギーも消費されにくいことから太りやすくなってしまったり、朝食から昼食までの間隔が空きすぎているために、脂肪が増えやすくなってしまうということがかんがえられます。

 

このケースはどちらも、悪い時間帯に1食ですませようとするため、体への悪影響となるのですが、仮に食事回数を分割にしたらどうでしょうか?

 

例えば、夕食が遅くなる場合は、夕方16:00頃に小休憩を取って、おにぎり1個だけでも食べておき、深夜帰宅したらスープなどのしるものや野菜だけにしておくということが有効です。
また、朝食〜昼食まで長時間の間隔が空いてしまう場合は、間食にナッツ類を10粒ほど口にしておくなど、空腹感と脂肪増加を抑える様にしておきます。

 

特に、食事の間隔が空いてしまうと、次にいつ栄養が摂取できるか分からないため餓死しないように体が一気に脂肪をため込むようになってしまうのです。

 

そうした機能を抑えるためにナッツ類を少し口にしておくほどで定期的に栄養が体に入ることを知らせておくのです。

 

ほかにも様々な生活習慣の乱れが考えられますが、痩せたい人は少し工夫をした食事方法や食事メニューを考えることで、結果が変わっていくのです。