痩せ たい 食事 制限 なし

食事制限なしで痩せたい人はこれ!!

食事制限をしないというのはいくつか方法が考えられます。

 

糖質制限はするけど、食事量は制限なしにする、糖質を摂るけれども食事量やカロリ−を制限する、または、食事自体の制限は全くせずにその分トレーニングによって痩せるという方法があります。

 

食事方法で痩せることを考えると、糖質制限はしつつ食事量はたくさん摂れる方法か、糖質はある程度摂りながら、食事量を制限する方法が現実的と言えるでしょう。

 

食事制限をしなくても食事内容は考える

食事制限をせずに、やせようとする場合、最低限食事内容に注意をしておくことが必要です。
食事制限をせずに食事内容にも気を使わずにいたら痩せることはできるはずがないので、せめて内容を改善していく必要があるのです。

 

基本的には、栄養バランスと過剰な栄養摂取にならないようにしておく必要があり、健康的な食事をこころがけることが必要です。
このバランスが崩れることで、不健康になり、肥満の原因となってしまいます。

 

また、痩せたいからと過度な食事制限になると、栄養が不足しお肌や髪がボロボロになって老化現象がおこってしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

糖質制限か、食べる順番か

食事制限をせずに痩せる場合、糖質制限をして食事量は気にしない方法か、糖質制限はせずに、食事量を気にするかという選択肢があります。

 

糖質制限をして食事量を気にしない場合、炭水化物やおやつなどを控える必要があります。
これは、糖質を摂取した際にエネルギーに変換されますが、エネルギーが余り脂肪に変わっていくのを抑えるためと、糖質を摂らないことで脂肪をエネルギーに変えて燃焼させていくからです。

 

また、糖質は制限しながらも、野菜やお肉などのタンパク質は量を気にせず食べていくことは脂肪が増えるリスクが少ないことから、たくさん食べたい人にはおすすめの方法となります。

 

特にタンパク質や野菜に含まれるビタミンやミネラルは、体を作る栄養として必要になるので、できるだけ摂っておきたい栄養となります。

 

糖質は摂取しながら食事量を抑えていく場合は、糖質制限をするとうまく働けない方におすすめの方法です。

 

私たちの脳みそや体は糖質によって動くため、糖質制限をするとうまく働かなくなってしまうことがあり、仕事によっては支障があるため糖質は摂るという考え方です。

 

しかし、糖質を摂ったとしてもカロリ−計算などから食事量のコントロールと、糖質を過剰に吸収しないように食べる順番に注意が必要です。

 

食べる順番は、血糖値を急激に上昇させて、脂肪増加をさせないために糖質は一番最後に食べます。
例えば、和食でしたら、汁物・前菜・副菜・主菜・主食のように、汁物から口にして、野菜、酢の物の後、主菜、最後に主食を食べることで糖質の吸収を緩やかにしていきます。

 

こうした食事方法のように工夫するだけでも、体への効果が期待できます。