痩せ たい けど 食べ たい ストレス

痩せたいけどストレスで「食べたい」が収まらないときは

ストレスを感じると、人によって様々な発散方法があります。
衝動買いや、甘いものを食べるなどがあげられますが、自分の人生を左右してしまう可能性があるくらい繰り返し慢性的になってしまう場合もあります。

 

特にダイエット中は、食欲が収まらず食べてしまうことが、難題となっている方もいます。
ストレスを感じて、甘いものやドカ食いをしてしまう場合、ある共通点があります。

 

それは、軽いストレスを感じると食欲が増してしまうということです。
これは、人の仕組みとして、ストレスが食欲に表れてしまう方は、軽いストレスは食欲増進へ、重いストレスは食欲減退となることが多くあります。

 

軽いストレスは、仕事での失敗や、上司に怒られた、誰かとケンカしたなど精神的に耐えられる範囲のもので、こうしたときにストレスを感じると食欲が増進される傾向にあります。

 

重いストレスは、大切な人との別れで、家族が亡くなってしまった、大好きな恋人と別れてしまったなどがあげられ、食欲が減退し、食べ物がのどを通らなくなる傾向にあります。

 

ストレスを感じるとご褒美癖がついて、食べてしまう

ストレスで食欲が収まらず、甘いものやドカ食いを繰り返してしまうと、癖がついて抜け出せないようになります。

 

毎日ではない場合でも、次の休みまでに頑張れたから、甘いものをたくさん食べてしまったり、好きなものを好きなようにドカ食いしてしまうなど、休日のご褒美が重なり癖になってやめられず、太ってしまうということがあります。

 

そのほかにも、休憩のたびにお菓子を食べてしまったり、ジュースの飲み癖もあります。
こうしたストレスによる、食欲での解消方法は少しずつ脂肪へと変わっていき、ダイエットをしようとしても、癖が抜けず妨げとなってしまいます。

 

また、ストレスによる食欲を無理やり抑えて、ダイエットを継続しても、どこかで気が緩み、1度だけと甘いもの、ドカ食いをしてしまうと、その先は抑えられずにもとの生活に戻ってリバウンドをしてしまうという結果になってしまう可能性があります。

 

やせたいけどストレスで食べたいと言うことが収まらない人はどのようにするべきか?を説明していきます。
そもそもストレスで食べたいということが起こる場合そのストレスが何から湧き上がってくるものなのか?これを解消していく必要があります。

 

例えば仕事でのストレスなのか、生活習慣によるストレスなのか、またはストレスと思っていたけれども実は習慣的な癖がついてしまっているだけなのかということが考えられます。その他にもいろいろな要素がありますが大まかに分けるとこの辺が分かれ道となってきます。

 

ストレスの発散は運動・ストレッチ・アロマが有効

ストレスによる食欲を抑えるには、食事以外の方法で発散をしてそちらにシフトチェンジしながら癖つけを新たに行う方法が効果的とされています。

 

例えば、軽いジョギングは体の酸素をいれかえ、気分も楽にさせる効果があるといわれています。
その要領を用いて、仕事の帰りは軽くジョギングをして帰るなどが良いでしょう。

 

例えば、帰宅のときに、最寄駅の2〜3駅前で降りて軽くジョギングをしながら帰るという方法ができます。
そのほかにも、お風呂上りにストレッチを行うことで、体自体の疲れや緊張をほぐして、心を落ち着かせる方法もあります。

 

また、お風呂や寝る際にアロマを焚くことで、心をほぐしてリラックスすることでストレスの解消ができるようになります。

 

このようにように、健康的なストレス解消方法を少しずつ行っていけば、気が付くと、食欲に変わって癖がつき健康的なストレス解消方法となっていきます。