痩せ 体質 に なるには

痩せ体質になるにはこれが必要

ダイエット中に目標の一つにしておきたいのが、「痩せ体質」になることです。
痩せ体質は、何もしていない状態でも自然とエネルギー消費をして、脂肪をため込みにくい体を作ることを言います。

 

簡単に言うと、基礎代謝の高い体を作るということです。
基礎代謝の高い体は、ある程度の筋肉量がついていて、始めてなるため、そこまでのトレーニングが必要となります。

 

しかし、痩せ体質になれば、ダイエット成功後もリバウンドをおこしにくいので、そのまま体型を維持できるようになります。

 

痩せ体質にしておかないと、ダイエットが困難

ダイエット中に、食事制限やサプリだけを飲んで、摂取エネルギーをいかに減らしても、消費エネルギーも高めておかないとかなり大変なダイエットとなりす。

 

特に筋肉を付けずにダイエットを行っても、体のつくりが弱くエネルギーの消費も低いため、リバウンドもしやすい体となってしまいます。

 

ダイエット中も、消費エネルギーによる手助けがあまりないことから、ダイエットの長期化や、食事制限が行き過ぎてしまう危険性もあります。

 

そうしたことから、ダイエットは食事制限と運動のバランスが必要となります。

 

筋トレ・有酸素運動で痩せ体質に

痩せ体質になるには、基礎代謝の向上が必要です。
基礎代謝を向上させるには、いかに筋肉を付けるかがポイントになります。

 

ダイエットを始めたばかりの頃は、運動不足の状態でもありますが、基礎代謝を高めるには全身の筋肉量を向上させていきたいので、まずはウオーキングやプールで歩く様な軽い運動から始めていくことがおすすめです。

 

これは、より負荷の高い運動にも耐えられる体つくりを目指すことが目的です。
ウォーキングになれたら、ジョギング、ジョギングに慣れてきたら軽い筋トレを混ぜていき、徐々に体を運動できる体へと変えていくのです。

 

こうした慣らす工程を飛ばして、いきなり負荷の高い運動を行ってしまうと、長期間使わずに固まってしまっている筋肉が悲鳴を上げて、肉離れなどをおこす可能性があります。

 

そのため、筋肉に少しずつ刺激を与えて、筋肉痛になったら数日休んで、また運動をするように体のケアもしながら徐々に慣らせていきます。

 

そうすることで、鍛えられた体は筋肉量が増え、基礎代謝が上がり、太りにくい痩せ体質へと変わっていくのです。