痩せ 体質 の 特徴

痩せ体質の特徴はこれ!!

痩せ体質の特徴は、基本的に燃費が悪かったり小食のためエネルギーを蓄えない体であることが多くあります。

 

燃費が悪いということは、基礎代謝が高くエネルギーを留めることが難しい状態であり、小食の場合は逆に少量のエネルギーでも生活ができるということですから、もって生まれた部分もあります。

 

ダイエットをして痩せ体質になろうとする場合は、一般的な代謝かそれ以上に代謝が悪いことが考えられます。

 

そのため、痩せ体質に今からなろうとした場合は、筋肉量を上げて基礎代謝を高める必要があります。

 

痩せ体質になるには運動と食事が必要

痩せ体質になるには、少なからず今よりも代謝が大きくないといけません。
そのためには、基本的に筋肉量を増やすこと、食事量が多い方は摂取エネルギーを抑えるために制限する必要があります。

 

筋肉量を上げる場合、目的は基礎代謝の向上なので、大きい筋肉の量を増やして最大限基礎代謝を向上させるようにします。

 

大きい筋肉は主に、大胸筋・背筋・下半身の筋肉です。
これらの筋肉量は体の大部分を占めるのでエネルギー消費には効率の良い部位と言えます。

 

また、食事制限をするとともに、食事をタンパク質中心の内容にすることで、筋肉を作る環境にしてエネルギー摂取を抑えると共に、基礎代謝を向上させて痩せた質を作り上げることができるのです。